理念

1. 家庭復帰をめざし、自立の心を大切にする。
2. 心の交流を大切にし、在宅療養者の拠り所となる。

目標

利用者の尊厳と自立を支えるケア

基本方針

1. 地域との交流を図り、在宅ケアを推進する拠点施設をめざす。
2. 利用者を尊重し、心温かな総合的ケアを提供する。
3. 充実したリハビリテーションで自立機能を高める。
4. 自立の機能を養い、在宅復帰をめざす。
5. 居宅サービスや他サービス機関と連携し、安定した在宅生活の継続を支援する。

挨拶

 平成7年に、依田窪地域の高齢化社会を支える目的で、老健いこいが誕生いたしました。老健施設の役割は、在宅復帰と在宅支援にあり、入所機能(一般入所・短期入所 定員70)、通所機能(現在名 いこい通所リハビリテーションセンター 定員40)を通じて、心身の弱ったお年寄りをしっかりと支援しています。
 現在、地域包括ケアー体制ということが、それぞれの地域で声高に叫ばれています。当地域では、介護保険制度開始当時より、その体制作りに積極的に取り組み、老健いこいはまさに、その拠点施設として、施設ケア、在宅ケアの両面から、重要な橋渡し役を演じてきました。

現在のテーマ「全人的ケア&全人的リハビリ」
 現在老健いこいのテーマとして「全人的ケア&全人的リハビリ」を掲げ、地域の高齢化社会を支えると同時に、一人でも多くのお年寄りに生きる力と喜びを得ていただくために、全職員が、和の精神のもとに、一致結束して頑張っています。
 人間老いることによって、いつしか心身の機能が低下し、不本意ながらも寝たきりや認知症となって、自らの力で自立と尊厳を守ることが難しくなります。そして孤立、孤独化への道を辿り、生きる力を失っていくのです。そこで、「全人的ケア&全人的リハビリ」という老健いこいの基本精神の果たす役割というのが重要になります。ケアとリハビリは表裏一体で別々のものではありません。心身の弱ったお年寄りに、職員全員が優しく心温かで想いのこもったケア&リハビリを提供することによって、お年寄みずからに、「自分のいのちがこんなにも大切にされているんだ」ということを実感していただきながら、心身の機能の回復を目指します。そして、再び生きる力と生きていることの喜びを大切にしていただくのです。さらには、家族との心の絆も復活し、在宅復帰へとつながっていくならば、お年寄りの喜びは望外なものになります。在宅復帰後も、老健いこいでは、通所リハビリセンターを継続して利用していただくことによって、在宅生活維持するための支援を行っています。地域の貴重な財産でもある、老健いこいの入所機能や通所機能を十分に活用していただきたいと思います。在宅生活に行き詰っている、新規の利用者大歓迎です。
 以上に述べたような、「全人的ケア&全人的リハビリ」の精神を、老健いこいの伝統文化として育み、定着させ、優しさのあふれる理想的な老健施設にしていきたいと考えています。それによって、地域のお年寄りの利用者満足と、和の精神による働きやすい環境作りも実現し、職員満足をも同時に実現していきたいと思います。地域の皆様のご支援を宜しくお願いいたします。